出産後の授乳で垂れた胸を元に戻したいなら乳首もピンク色に

授乳後に胸が垂れないために

バストの位置を上げる

新米ママさんは、授乳後に胸が垂れないために、普段から何かされていますでしょうか?

 

最近では「おっぱい体操」とか「おっぱいケア」とか、「おっぱいマッサージ」などという言葉も聞かれるようになりました。

 

バストケアについては、雑誌の特集も組まれていることも多いですし、テレビでも放送されているので、試してみた方も多いと思います。

 

昔は胸のケアなどしていなかった人が多いと思いますが、最近では、胸は何もせずに、ほっておくものではなく、ケアするもの、育てるものという感覚になってきたようです。

 

さて、出産後に胸が垂れないためのトレーニングと言うと、どうしても胸が小さい方が、努力して大きくするというイメージがありますよね。

 

授乳後のママさん
⇒ 1万2000人が成功!戸瀬恭子のバストドレナージュはこちらから

 

ですが、グラマーな方でも、筋トレは必要だと思います。それはなぜでしょうか?

 

胸の大きい方は、もちろん、それ以上、胸を大きくする必要はないと思いますが、何もせずにいると、重力に負けて胸が垂れ下がってきてしまうからです。

 

ふっくらとした豊かな胸は女性たちの目指すところですが、大きな胸が垂れてしまうほど見た目が悪いことはありません。

 

垂れるくらいなら、小さいままでいいと思っている人も意外と多いのです。垂れてしまっては、せっかくの大きな胸も台無しですからね。

 

ですから、授乳後に胸が垂れないための筋トレというものは、胸の小さい人は大きくするために行なえばよいでしょうし、胸が大きい人は垂れることを予防するために行なうと良いでしょう。

左右のバランスを整える

胸は、女性の魅力をアピールする部分ですから、大事にケアしてあげましょう。

 

出産後に胸が垂れないために、どんな方でも簡単に自宅で出来ることが筋トレです。

 

筋トレというと、きついトレーニングをイメージする方もいらっしゃると思いますが、別に腹筋を割るようなハードなトレーニングをしろと言っているのではありません。

 

ご存知の方も思いますが、おっぱいは、筋肉の上についているもので、おっぱいの土台となっている筋肉があります。胸の重さを支えているのは、胸の筋肉、大胸筋であり、これをしっかりと鍛えてあげることが必要なのです。

 

大胸筋が弱くなってしまうと、おっぱいを支えられなくなりますよね。そうすると、胸が垂れてしまうので、上向きのツンとしたハリのあるおっぱいではなくなってしまいます。

 

もちろん、加齢と共に胸は垂れてくるものですが、筋トレによって、その老化現象を少しでも遅くするように、できるだけ抵抗しようという考えです。

 

そして、胸が小さくて悩んでいる方は、この大胸筋を鍛えることで、胸を大きくすることにもなります。すでに、おっぱいマッサージなどでケアしているというかたは、それにプラスして、筋トレをするとさらに効果的でしょう。

 

ボリュームのある大きなおっぱいの方は、特に筋トレをしっかりやらないと、若いうちから垂れてきてしまう可能性もあります。

 

そんなに歳でもないのに、胸が垂れ下がってきたら、がっかりですから、みなさんも授乳後に胸が垂れないための筋トレをスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

⇒ 1万2000人が成功!戸瀬恭子のバストドレナージュはこちらから

私の胸は垂れない

乳首はピンクです