胸を大きくするツボ

胸を大きくするツボ

バストのサイズアップ

みなさんは、胸を育てるため、また、垂れないようにキープするために、なにか対策をしていますか?

 

補正下着などを着用しているとか、胸を大きくする効果ブラジャーを使っているという方もいらっしゃいますが、確かに、普段からそうした努力も大事です。

 

ですが、それと併用して、胸の土台、大胸筋の筋トレや、バストケアなども行なっていくべきではないでしょうか?

 

バストケアのマッサージは、乳腺を活発にしたり、老廃物を流したり、血行を促進させたりと、良い効果が沢山あります。

 

そして、胸周りの筋トレをすることで、おっぱい自体を支えてくれる筋肉の老化も防ぐことができます。それに加えて、ツボ押しなども有効です。

 

マッサージと同様、ツボを押して、女性ホルモンをより多く分泌させることができるので、胸を大きくするのに繋がります。

 

筋トレとは、またちょっと違った方面からのアプローチですが、ツボ押しを、マッサージや筋トレや、補正下着を着用するなど、一緒に長く続ければ、胸が大きくなりますので諦めずに続けることが大事です。

 

では、胸を大きくするツボとはどこにあるのでしょうか?実は、胸を大きくするツボは、体中にたくさんあるので、まずは、簡単に見つかる場所のツボをご紹介したいと思います。

 

それは、「だん中」というツボです。場所は、左右の胸のちょうどまんなか、乳首と同じ高さにあります。

 

だん中というツボを刺激すると、女性ホルモンの分泌を促しますし、血流もよくなります。

だん中のツボは、疲労回復や、ストレス解消にも効果的なので、毎日、このツボを刺激してあげるとよいでしょう。

 

押しても痛みはなく、気持ちよい感じです。人前でも押せるツボですから、思いついたときに、洋服の上からでも刺激してみましょう。

 

谷間とデコルテを形成

次に、胸を大きくするツボとして、「てんけい」をご紹介します。

 

ツボ押しで胸を大きくするには、とても楽ですが、やはり効果的なのは、大胸筋の筋トレを続けながら、ツボ押しも併用することでしょう。

 

てんけいは、第4肋骨と第5肋骨のちょうど中間あたりにあるツボで、おっぱいのつけ根の脇の下にあります。

 

高さで言うと、乳首の真横ぐらいになります。てんけいを刺激すると、乳腺を刺激しますので、胸の形を整えながら、バストアップが期待できます。

 

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、押してみると、とても痛みを感じると思いますが、押した後はすっきりします。

 

それから「えんえき」というツボは、乳首から10センチくらい外側にあります。ここを押すと、姿勢の矯正や、血液の流れを促進、胸の張りにも効果があります。ちょっと押してみても痛いツボです。

 

「ちゅうふ」は、鎖骨の外側にあり、外側下のくぼみより、指1本分ほど下です。大胸筋の周囲の血行促進、リンパの促進にもなります。

 

大胸筋は、胸を大きくするには大事な筋肉ですので、鍛えるための筋トレも続けてほしいところです。それにプラスして、ツボ押しも続けてみると良いでしょう。

 

⇒ 1万2000人が成功!戸瀬恭子のバストドレナージュはこちらから

私の胸は垂れない

乳首はピンクです