おっぱいを大きくするマッサージ

おっぱいを大きくするマッサージ

形を美しくする

みなさんは、おっぱいを大きくするために、またはバストラインを美しく保つために、何か実践していることはありますか?

 

筋トレや、エクササイズで、おっぱいを大きくしたい人もいらっしゃると思いますし、やはり、適度な運動を続けることは、ボディラインを保つためには必要なことだと思います。

 

特に、胸周りの筋トレなどは、母乳育児後におっぱいが垂れないためにも有効なことですから、すでにやっていらっしゃる方は、これからも是非、続けて欲しいですが、さらに試して欲しいものがマッサージです。

 

「もう歳だから」と諦めている人も多い中、幾つになっても、おっぱいに張りがあって、柔らかくて、垂れていない人も実際にいるのです。

 

その秘訣は、おっぱいのマッサージ。最近では、雑誌、テレビのメディアやネットニュースでも取り上げられている、おっぱいマッサージですが、方法さえ覚えれば自宅で簡単に行なうことができます。

 

道具も場所も不要ですので、思いついたらすぐにできる手軽さもうけているのでしょう。まあ、場所だけは自宅がよろしいかと思います。そとでおもむろにおっぱいをマッサージすることも変でしょうからね。

 

さて、出産後におっぱいが垂れないためには、マッサージだけではなく、周囲の筋肉を鍛えることも大事です。

 

筋肉のなかでも、大胸筋は、おっぱいが乗っかっている部分ですから、ここは筋トレで別に鍛えてあげるべきでしょう。

 

筋トレに、プラスして、おっぱいマッサージをすることで、おっぱいが豊かに育ってくれますし、垂れ下がることも防げます。

左右のバランスを整える

おっぱいは女性にとって、とても大事な部分で、女性としての魅力を最大にアピールできる「武器」でもあります。

 

そして、美しいバストラインを作るのは、日々の努力ですから、まさに「1日して成らず」です。

 

歳だからと言って、諦めずに、授乳後におっぱいが垂れないための筋トレ、マッサージは、毎日、続けて行ないたいものですね。

 

おっぱいマッサージ方法はいくつかありますが、簡単なもので、おっぱいを揺らすという方法があります。
斜めにおっぱいを持ち上げ、斜め上の方向へ揺らすというマッサージです。自分のおっぱいを自分で触るということに少し抵抗も感じるでしょうが、誰も見ていない場所で行なうのでしたら問題ありません。

 

マッサージのポイントとして、しっかりとおっぱいを持ち上げてから、その地点で揺らすことが大事です。持ち上げずに揺らすマッサージは、おっぱいを小さくするマッサージとなってしまいますのでバストアップをねらう方は逆効果になってしまいます。

 

少々、タレ気味で気になっている人も多いと思いますので、理想的なおっぱいの位置まで持ち上げて、そこで斜め上に揺らしましょう。

 

片方ずつ行なえば、自分で出来ますよね。女性ホルモンの分泌を促すためには、パートナーにやってもらうとより効果的だといいますが、毎日はさすがにムリだと思います。

 

おっぱいマッサージと、大胸筋の筋トレは、毎日、地味に自分で行い、たまにはパートナーにマッサージを手伝ってもらいましょう。

 

好きな人に触れてもらうことは、女性ホルモンもより分泌されますから、結果も期待できそうですよね。きっと男性も喜んで手伝ってくれることでしょう。

 

⇒ 1万2000人が成功!戸瀬恭子のバストドレナージュはこちらから

私の胸は垂れない

乳首はピンクです